2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 達磨さん。起き上がる! | トップページ | 謎の人物・・・背番号72 »

RD-8

 2008年6月15日、クルム伊達公子選手が東京有明国際女子オープンシングルスで優勝しました。引退してからなんと11年半ぶりです。すばらしい!

復活ではなくて、新たなチャレンジャー・クルム伊達選手が後輩達とテニスを楽しむ姿をこれから見ることが出来るのは嬉しいです。

YONEX RD-8。このラケットは伊達選手がプロ5年目の1993年頃から使用していたラケットです。USオープンで4大大会初のベスト8に入り、ここから快進撃が始まり、1996年引退までの3年間伊達選手と共に戦ってきたラケットです。1996年フェドカップで女王・グラフを3時間25分の激戦の末勝利した試合は感動しました。

Rd8_1_2 

 私は学生時代軟庭をやっていたのですが、硬式にも興味がありました。初めて硬式ラケットを買いに行き、そのとき目に留まったのがこのRD-8です。

 これに決めた理由は、角型、小さなフェース、そして学生時代もYONEX(とKAWASAKI)を使用していたので何回か素振りをし、感触が良かったからです。ふと、値札のところを見ると、「伊達公子タイプ」と書かれているじゃあーりませんか。即決です。これしかない!と。

Rd8_3 

 二本目もこのラケットを買い、軟庭打ちの思いっきりトップスピンと高速ボレー&スマッシュでテニスを楽しんでいます。

 伊達選手の活躍で再び思いが深まるこのラケットです。久しぶりにテニスしたいなー。

« 達磨さん。起き上がる! | トップページ | 謎の人物・・・背番号72 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RD-8:

« 達磨さん。起き上がる! | トップページ | 謎の人物・・・背番号72 »