2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

桂離宮

 初めて桂離宮を見学しました。

 オランダの建築家達の付き添いという事で、容易に予約出来ました。

Cimg0119

 なかなか一言で感想を述べるのは言葉を選びますし、じっくり語るのも長くなります。

 とにかく、すばらしい!

 すべて、計算されているようで、頭が下がります。

 どのように感動させるか、楽しめるか。

Cimg0202

 参観時間は1時間。宮内庁職員の説明を聞きながら園路を約1km回遊します。

 京都のうだるような暑さをわすれ、必死に目に焼きつけます。

Cimg0227

 ひとつの世界が出来上がっています。もちろん、敷地以外の桂川等も含め。

Cimg0239

 敷石を踏み進むごとにまた違う感動が現れたり、隠れたり・・・。

Cimg0252

 月を楽しむ、陽を楽しむ、四季を感じる、池に映す。

 整然と、さり気なく、遊び心も見え隠れするような・・・。

 Cimg0194

 恐れ入りました。

 日本はすばらしい! 以上です。

 

  

暑い夏がやってキター!

 近畿地方は梅雨が明けました。

 本格的に暑い夏がやってきました。

081

 何によって夏の到来を感じるかは、人それぞれ違います。

 私は、梅雨明け、祇園祭り山鉾巡行、花火大会、海開き、大相撲名古屋場所、高校野球地方大会・・・。

0817

 食べ物からでも感じます。

 スイカ、かき氷、そうめん、暑いのから→ざるうどん・ざるそば、冷凍みかん・・・。

0820

 お祭り・イベントは、一年の内その時期、その日しかありません。だから、人は大切に思い、感慨深くなるのでしょう。祭りを運営・参加している人は一年のサイクルのなかで重要な位置を占めているでしょう。

0835

 野菜・果物等は季節関わらず、けっこう年がら年中あります。食べ物によって季節を感じる事はあまりなくなりました。そのなかで魚は季節を感じさせてくれます。

 皆さん、魚を食べましょう!

0846

 今年の夏は、オリンピックがあり、高校野球第90回記念大会、タイガース優勝街道まっしぐら、そして9月からW杯アジア最終予選が始まります。

 熱くて長い夏になりそうです。

泥舟は浮くのか?

 先日、大阪朝日放送のTV番組「探偵ナイト・スクープ」で“泥舟は、はたして浮くのか!?”というのをやっていました。これは、童話カチカチ山で悪さをした狸が泥舟に乗り沈む話ですが、依頼者(視聴者)の嫁が「当然沈む」、夫が「作りようによっては浮く」ということで意見が分かれ、夫が身をもって証明するという依頼です。

Cimg9917_2

 物理学の先生が舟の形を算出し、その通りに大阪左官青年部の皆さんが泥に藁を入れ作っていきました。サイズは120cm×80cm、高さは60cmの長方形で、厚みは底8cm、立ち上がりは6cmだったと思います。

Cimg9924

 十分乾燥した泥舟に夫が乗り、クレーンで溜池に下ろします。ゆっくり下げていき、なんと!泥舟は浮いたのです!!!さすが、物理学者!さすが左官!

 しかし、ちょっと漕いで揺らぐと水が入りそうで、ヒヤヒヤ。数分浮いていましたが、徐々に水が入り、一気に狸のごとく、沈みました。自然に帰っていきました。これが重要です。

 あ~あ、残念。でも浮いた事は確かです。

 感動しました!面白い番組です。

 世界各地に泥で出来た家がたくさんあります。日干しにして積んだり、塗ったりその土地様々な使い方をしています。そこにあり、誰でも、いつでも、容易に扱えます。そういえば美容に泥パックというのもありますねー。今度試そうかな。

  Cimg9935

 

ナニワのシンボル サイナラ

 キリンプラザ大阪。1987年に完成した4本の灯の塔がシンボルのこのビルは、大阪・ミナミ戎橋のランドマークであり、対面するグリコの看板達と夜の街を照らしていました。

Kirin_plaza

 1998年度の日本建築学会賞受賞。コテコテのこの場所にはカッコよすぎる建築でした。

 商業施設の運命なのか、21年というひじょうに短い役目でした。惜しまれながら小さくなっていきます。あ~、もったいない。

Kanitokuidaore

 大阪名物といえば、たこ焼き、お好み焼き、いか焼き、きつねうどん、串かつ、吉本、お笑い、パチパチパンチ、オバハン、タイガース(本社は大阪、球場は兵庫)、そして、くいだおれ。その大阪名物くいだおれが昨日60年の長い歴史に幕を下ろしました。

Taroujirouusiro

 くいだおれ太郎。しゃれっ気がありオモローな人形でした。阪神が強い時は虎ハッピを着て応援し、85年優勝時に近くのカーネルサンダース君が「バース、バース」と胴上げされ、そのまま道頓堀川にドボン!今だに行方不明。それを見越して、2003年優勝時には「ワテ泳げまへんねん」。

 サッカーW杯の時はサムライブルーを着て応援していました。

 観光客は必ず立ち止まり記念写真を撮っていきます。

Taroutojiroumae

 最後の一目を見ようと大勢の人だかり。今まで普通にあった風景がそこから消えるのは悲しいものです。戦後、復興の中庶民のお腹を満たしてくれたくいだおれ。店先で雨の日も風の日も通行人を見ていた太郎。最後は次郎も一緒にお立ち台へ。

 2つのナニワのシンボルが引退しました。お疲れさん。

ヘンリー いえをたてる

 今日は七夕です。

 20時頃東の空に、おり姫、ひこ星が顔を出します。晴れますように。

 Henry1_2

 この絵本「ヘンリー いえをたてる」(福音館書店)は、ヘンリーが森に自ら理想の家を建てるというお話です。

 自分で考え図面を書き、斧を借りてきて木を切り、丸太を削り、古材を再利用し、造っていきます。その過程で、訪れた友人から様々な意見を言われます。しかし、ヘンリーは自分の理想の暮らし方を持っており自分にぴったりの家を造っていきます。

 Henry2

 ヘンリーは、よく考え必要な部分を付け加えながら、やっと完成させました。

 小さいけれど、周りの森も取り込んだ素敵な家です。どんな家かは、どうぞ絵本で。

 Henry3

 ヘンリーは実在した人物で、1845年7月、実際に森に3m×4.5mの小さな家を建てました。施工費は当時で28ドル12.5セントでした。内壁仕上げは漆喰です。

 ヘンリーは森や池で観察したことを日記に書いていました。動物の暮らし、季節の移り変わり、草花の成長、等。

 わざわざ便利な町から森に引っ越した理由は、「人や自然との交流についての本を静かな場所で書きたい。」そして、人生の時間をただお金に稼ぐために使うのではなく、もっと別の平和に楽しく生きる道があることを人々に示せると考えたそうです。

 「たいていの人は、家とはなにかということを、心から考えたことがないのではないでしょうか。ひとびとは、おたがいにとなりの人の家を見て、にたような家を建てようとするために、余分なお金を使い、一生を不必要に貧しくすごしてしまいます。」 (「ウォールデン -森の生活-」ヘンリー・D・ソローより)

 家とは暮らしとは、本当に大事なのはなにか・・・を考えさせられます。

 今日から北海道洞爺湖サミットがスタートです。地球温暖化防止が最大のテーマですが、それならもっと涼しい季節に開催したらいいのに。

 

インスタントラーメン発明記念館

 全国には様々な体験工房があります。

 愛知県常滑市にあるINAX土・どろんこ館では、どろだんご作りができます。

 今回は大阪府池田市にあるインスタントラーメン発明記念館でマイカップラーメンを作ってきました。

Photo_2 

 世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」は、1958年に日清食品・安藤百福氏が自宅裏庭の小さな小屋で研究し、発明されました。その後、1971年世界初のカップ麺「カップヌードル」が発明され、その後全世界はもとより、スペースシャトル内で宇宙でも食べられています。今では無くてはならない食になりました。日本の代表的な発明でしょう。

Photo_3

 この発明記念館には「チキンラーメン手作り工房」と「マイカップヌードル体験工房」があります。「チキン・・・」の方は予約制で、「マイカップ・・・」の方は予約なしで体験出来ます。

 今回は「マイカップ・・・」の方を体験しました。日曜なので子供連れ家族が多く大盛況でした。私達はおっさん4人のグループでした。ちょっと浮いていたかな?

 作り方は簡単。まずはカップにオリジナルデザインを描き、後は、工房の人に渡します。

Photo_4

 麺がセットされスープ・具は好きなものを選べます。そして、蓋・包装の工程を見て、自分でエアパッケージに空気を入れお持ち帰りOKです。

Photo_5

 なかなかおっさん達も夢中になり楽しめました。子供達にとっても身近な食であり、自分だけのラーメンが作れ面白い工房でしょう。次回は「チキン・・・」の方も体験したいです。

Photo_6

オラ!スペイン優勝

 EURO2008、スペインがドイツに1-0で勝ち、なんと44年ぶりに優勝しました。

Cimg8440_4

 前半にスペインが素早いパスと判断で1点取り、そのままスペインのペースでゲームが進みました。ドイツは身長差を生かしきれず、セットプレーも少なく特徴が出せなかった気がします。しかし、決勝にふさわしい好ゲームでした。

 ウインブルドン出場中のナダル(スペイン)が準々決勝ロシア戦をTV観戦したい為、試合時間の変更を大会本部に申し出て許可してもらったそうです。ナダルもナダルですが、本部も本部です。それほど凄いEURO選手権なんですねー。

Cimg8450

 EURO選手権は面白い!今回改めて国同士の戦い、ヨーロッパ内の歴史的ライバル関係、そして世界的スポーツだなと思いました。マドリードとベルリンの広場の様子をニュースでしていましたが、あの熱狂とゲーム終了時の差は凄かったです。あの中にいるのも面白いかも。

 今回の大会はロシアとトルコがすばらしい活躍でした。特にトルコはスイス、チェコ戦と、2試合連続の後半終了間際の逆転勝ち。チェコ戦では0-2から残り15分で3-2と大逆転。準々決勝のクロアチア戦は、延長後半のロスタイムに同点に追いつきPKで逆転。ドイツ戦では主力9人欠場の中、「また奇跡か!」というところまで追い詰めました。

 Cimg1031_4

 以前トルコを訪れたことがあります。ヨーロッパというよりアジアに近い人、街、文化。一般的にトルコ人は日本が好きであり親近感が持てます。トルコのある村で子供達とサッカーで遊びましたが(中田みたい)、子供達に「イルハンがジャポンのコウベのチームにおるんや」と言うと、「知ってる」という感じで答えました。(たぶん)

 2002年W杯では日本はトルコに敗れました。その後トルコは快進撃で3位に入りました。いいチームでした。

Cimg0752

 さあ、W杯アジア最終予選。えー組に入って良かったですが、日本だいじょうぶかな。EUROを見るように気軽に観戦出来ません。毎試合ハラハラドキドキ。もっと得点力がほしい。頼むぞ!ニッポン。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »