2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« なんや!これクション No.2 | トップページ | 台風来たのか、行ったのか »

岸和田だんじり祭

Cimg0092

 毎年必ず観に行っています。岸和田だんじり祭。

 この祭りは1703年が始まりだとされ、五穀豊穣を祈願して行った約300年の歴史ある祭りです。岸和田市の9地区の内2地区は9月に行われ、7地区は10月に行われます。

Cimg0090

 地車(だんじり)は、総ケヤキ造りで、一体1億3千万円(本体のみ)とも言われています。重さ約4トンのだんじりを、500人程で約100mの2本の綱を引き疾走します。

Cimg0097

 毎年観ていて羨ましく思います。自分の町をだんじりを誇りに思い、子供から中高年の大人まで一本の綱でつながっています。この日のために岸和田の人達は1年間、準備し2日間走れる体力を養っています。どんなに遠くに嫁いだ人でも、仕事が忙しくても、必ず帰って来るそうです。すばらしい!

Cimg0098

 だんじり祭の最大の見せ場は「やりまわし」といってコーナーをほぼ直角に勢いをつけ廻ることです。時には失敗して屋根にぶつかり、横転する事もあります。何回観ても迫力があり面白いです。一度観たらやめられません。

Cimg0185

 鳴り物は大太鼓、小太鼓、鐘、笛です。各町によって唄、音色が違います。

 私は、だんじりが走り出す時の小太鼓の「タンタ、タン、タンタ、タン」が気に入っています。

 彫り物もすばらしいでしょう!戦記物語の名場面をだんじり大工が彫っています。

Cimg0122

 祭りよりこの方が興味あるかな?髪型は祭り用にオシャレしています。

Cimg0107

 待ってくれ~!

Cimg0159

 一人だんじりです。なかなかうまい!将来を夢みて。

 祭りは、その地域の伝統を受け継ぎ、親から子、子から孫へ、先輩から後輩へと伝えていきます。その町の誇りをもって、強い絆で結ばれています。

 いいですねー、祭りは。すばらしい。

 

 

 

« なんや!これクション No.2 | トップページ | 台風来たのか、行ったのか »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岸和田だんじり祭:

« なんや!これクション No.2 | トップページ | 台風来たのか、行ったのか »