2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 祝!日本映画 | トップページ | 日本らしさで勝利! »

さあ、ここからだ。ニッポン!

 WBC第1ラウンドA組決勝。日本は韓国に惜しくも1-0の負け。

 準決勝で歴史的な圧勝、14点コールド勝ちで、今大会は力の差を見ることが出来るとみていたが、さすが、韓国。次の日、中国に14-0の圧勝。ショクも残さず決勝にきっちり切り替えてきました。

200903101511000_7 

 決勝にふさわしい投手戦。岩隈はさすが、昨年の沢村賞投手。抜群の安定感で押えていく。3人の先発陣のなかでも安定感は1番である。なにせHRは打たれない投手。

 その後の杉内、馬原のホークス軍は鉄壁の中継ぎだ。ダルビッシュが投げたのは以外であったが、この試合の重要さが あらわれた登場であった。その後の9回、山口はよく分からなかった。最初から球児でもよかったのでは。球児のストレートはこれから本来の伸びが出てくると思います。だいじょうぶです。

 世界に誇れる日本の投手陣です。

200903101538000

 いやー、韓国の投手 もすばらしい。とくにストッパーの林昌勇。  ヤクルトの守護神はサイドハンドで最速157キロ。昨年33セーブで、阪神打線も打てなかった。 そういえば、昨年のヤクルト戦で1安打(野口のみ)で負けたときも林がセーブをあげた。観戦していて、「これは、まったく打てんわ」と思ったほどです。

200903101602000

 次のラウンドも韓国と当たるでしょう。

 しかし、キューバにオーストラリア(たぶん)、それに韓国。4チームのうち2チームしか決勝ラウンドに進めない。たいへんだー (゚ー゚;

 1発を警戒し、固い守備とつなぎの打線で、決勝にいかなければプロ野球は盛り上がりません。イチローは前回同様第2ラウンドからいつもの姿が見れるでしょう。

 まずは相性のけっして悪くないキューバに勝って、勢いを付けたいです。

 高校野球も始まるし、真弓阪神も気になるし、野球ファンにとっては、たまらない今年の3月です。

« 祝!日本映画 | トップページ | 日本らしさで勝利! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さあ、ここからだ。ニッポン!:

« 祝!日本映画 | トップページ | 日本らしさで勝利! »