2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« station Ⅱ | トップページ | ひとが住む形 »

いつまでも瓦(変わら)ない、その姿

 淡路の風景

 瓦の風景 普通 違和感無く美しい

Cimg9974

 いぶし瓦  

 淡路の地場産業

Cimg9975

 淡路の南、津井近辺には瓦に適した良質の土が多くあります。

Cimg2378

 赤土と青土の層。

 淡路の土は粒子が細かく粘りが強い!農業用には強すぎる。

 この土があるから瓦の産地として発達してきました。

 土のおかげ。

Cimg9937   

 小端の並んだ姿もリズミカルでポップな感じ!

 街には瓦が沢山使われています。

Cimg3094

 三原川に架かる御原橋。この街には瓦の橋がよく似合う。

Cimg3108

 瓦の擁壁。子供の絵が掛かられています。

Cimg3112

 慶野松原にある瓦の舞台。夏の花火大会の時は、このステージで盛り上がる。

Cimg3120

 ステージの裏手。鬼、鬼、鬼・・・鬼だらけ!!!

Cimg3114

 鬼達の横にはプロポーズ街道。“瓦”と“変わら”ぬ愛をかけてのロードです。

Cimg3113

 このロードを歩けば目の前が瀬戸内海。

 この街で瓦の魅力を存分に味わえるでしょう。

 

  

« station Ⅱ | トップページ | ひとが住む形 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも瓦(変わら)ない、その姿:

« station Ⅱ | トップページ | ひとが住む形 »