2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« デザイン電車 | トップページ | station Ⅱ »

station

 前回は電車の記事でしたが、今回は駅舎の話です。

 仕事柄、駅舎には興味があります。

 旅の感慨な出発・到着を演出する大変重要な空間であります。

 これはっ!と、思う駅舎に出会うと、時間の許す限り、隅々まで歩いて見て回ります。

Cimg7931_2 

 アトーチャ駅はスペイン・マドリッドの遠距離列車主要の発着駅です。

 1992年竣工の新駅は、コンペで勝ち取ったラファエル・モネオの設計で円筒形のエントランス・ホールが街のシンボルとなっています。

Cimg8086_2

 この新設のプラットホームの屋根は、正方形のグリッド・パターンの架構であり、整列されたトップライトと、サイドからのやわらかな光がAVE(スペイン版新幹線)が並ぶホームを華麗にしています。

Cimg7935

 旧駅舎の外観。素敵な妻側のスティール架構のデザインが街行く人を優しく迎える。

 内部の大空間は、すばらしいの一言。

Cimg8262

 まるで植物園。いや、ジャングルや~

 待ち合わせ、お昼ね、世間話にはもってこいの場所ですね。

Cimg8263

 新たにエスカレーター、展望デッキが新設され、劇的空間に生まれ変わりました。

 これこそが公共空間。人が自然と集まってくる憩いの場所です。

 

« デザイン電車 | トップページ | station Ⅱ »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: station:

« デザイン電車 | トップページ | station Ⅱ »