2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いつまでも瓦(変わら)ない、その姿 | トップページ | 趣きある石積塀 »

ひとが住む形

 とうとう梅雨入りです。

 雨は農作物にとっては非常に重要ですが、まあ、程ほどに降ってほしいですね。

 祝!サッカーW杯出場決定。

 4大会連続4度目の出場。

 W杯は南アフリカで来年6月11日から7月11日まで。

 ウズベキスタン戦勝利後の選手が着たTシャツに「世界を驚かす覚悟がある」とありましたが、本当にベスト4に入って、戦い方でも驚かせてほしいですね。

 カタール戦のようでは、まったくダメだ~。(`ε´)

 ウイリアムスなんでストライク入らへんねや~(゚Д゚)ハァ?

 「地球生活記 世界ぐるりと家めぐり」(福音館書店)

Cimg9980

 この写真集は面白いです。地球で生活している人間の姿をそのまま写しています。

 その場所、気候、暮らしから生まれ、その土地のそこにあるものから造った家は、非常に理にかなっています。

Cimg9981

 国連の統計では、泥を使用した家は世界の半分以上だそうです。w(゚o゚)w

 著者の写真家・小松義夫氏は1年の大半を、海外に行き取材されています。

 家に対する思いは、写真から見てとれます。

 現地の人の表情もなかなかいいです。

 建築雑誌の竣工写真では、人がはいっていないのがよく見られます。やはり、この本もそうですが、人がいて暮らしがあっての家ですね。そう感じます。

Cimg9982

 日本は地域性が無くなってきました。どこに行ってもなんとかハウス。もしくは真っ白な箱のイエ。

 古人が培ってきた知恵を生かしながらの、土地と風土と文化が融合したような家は、世界でもしだいに消えつつあると、小松氏は取材をしながら思っていると書かれています。

 建築家が考えなければいけないのか・・・。建築家が壊していっているのか・・・。?

« いつまでも瓦(変わら)ない、その姿 | トップページ | 趣きある石積塀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

先日参加した講演会でまさにその話になったよ。
ガラスの家だって、もともと在った国にはとても理にかなっていたそうだ。
さて、日本の家は?
そろそろ国を挙げて考えるべきなんじゃないかなぁ・・・?

ほんまやねー。
地域性と職人が無くなっていく。
役人は仕事したくないから、標準化にしたいんやろね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとが住む形:

« いつまでも瓦(変わら)ない、その姿 | トップページ | 趣きある石積塀 »