2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 51は日本の誇り | トップページ | ええわ!だんじり »

土は時間をつなぐもの

 爽やかな秋の風。

 冬に向かっての寂しさが少しはありますが、過ごしやすい毎日です。

 洲本の奥地・千草乙の古い民家の土塀改修工事を見てきました。

 住み手も、いつからあるか分からない一部崩れた土塀。震災で被害にあったそうです。

 初めは、全部壊してコンクリートブロック塀にする予定だったそうです。

 大げさですが、淡路遺産でしょう。それほど、すばらしい。Σ(゚д゚;)

Cimg3777

 50~60mはあろうか。壁厚は40cm。緩やかな傾斜で、くねくね塀。

 改修の為、天バの瓦は取りました。崩れたところは、新たに基礎から施工します。

Cimg3780

 瓦や木片、陶器などが埋められています。一部仕上げが残っていました。

 この写真では、以前上部が改修されているのが分かります。

 施工方法は、 40cm×1.5m×高さ20cmの木製の枠を作り、土を入れ、突いていきます。枠の片側は開いているので枠の上まで突いたら、横に移動していきます。

 版築+ブロック積み工法のような感じです。

 全て突き上がったら、最後に瓦を載せます。

Cimg3775

 瓦と土塀。この関係。癒されますね~。ヽ(´▽`)/

 改修ですが、相当な時間と労力がいります。

Cimg3786

 土が時間と風景をつないでくれます。

 

 

« 51は日本の誇り | トップページ | ええわ!だんじり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土は時間をつなぐもの:

« 51は日本の誇り | トップページ | ええわ!だんじり »