2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 笹もってこい! | トップページ | 古き時代へタイムスリップ »

あれから15年

 ハイチでM7.0の大地震が起きました。

 首都が壊滅ということで、国の機能が完全にマヒしており、ハイチ政府もどうなっているか分からない。空港の管制塔、港、道路も崩壊し、各国の救援部隊もどうアプローチしていいか難しいらしいです。自国の警察、救援部隊もいるのかどうか・・・、治安も当然悪くなっているでしょう。日本は、まず20人の医療部隊を派遣することにしました。これ以上の被害が大きくならない事を祈ります。

 17日で阪神・淡路大震災から15年。

 震災地・神戸の長田にカトリック鷹取教会があります。震災で建物は全壊しましたが、キリスト像だけが奇跡的に燃えずに残った教会です。

Cimg4500

 このキリスト像の脇の青空の下で、様々な国籍の人が集まり焚き火を囲み、ミサを行っていました。教会自体被災したにもかかわらず、地域復興の為の拠り所となっていました。

 「紙の教会」「紙のログハウス」

Cimg4508

Cimg4473

 

 建築家・坂茂氏は東京から飛んで行き、紙管を使った建築を神父に提案しました。

 紙管建築は、〇安い 〇短時間で組み立てが簡単 〇軽い 〇誰にでも出来 〇断熱性能がある 〇美しい 〇再生できる という点で、緊急時の仮設建築にはもってこいであります。

 「紙の教会・ペーパードームたかとり」は全国からの義援金、各企業から寄与された建材により、160人以上のボランティアによって5週間で完成しました。

 この建設費の義援金(目標1000万円)・ボランティアは全て坂氏が集めるというのが神父との約束でした。大変なご苦労だったと思います。

Cimg4470_2

 ポリカーボネートの長方形の中に、58本の紙管で構成した80席が配せる楕円形のホールです。

 これは、1/25の内部模型です。

 実は、現在、神戸にありません。

 震災で被害を受けた台湾に移築され、活用されています。

 現在の「幕屋の教会」は円形の平面で、天井は鼓の形のように幕が張ってあり、自然光が幕を透し入ってきます。

Cimg4486 

 壁は直径5cmの紙管で吸音材の役目を果たしています。

 内部は広くはないですが、明るい軽やかな天井が上に大きく開き、時間と共に変化する太陽光で幻想的な空間となっています。

Cimg4485

Cimg4493

 直径33cm厚み15mmの紙管が「紙の教会」の雰囲気を継承しています。

 全体の建物の配置は中央に多目的イベントが可能な中庭を、事務所棟・幕屋の教会・司祭関連棟が囲んでいます。

Cimg4504

 この大きなオーバーハンキング・シャッターはグラスファイバー製で、全面開放したときには、庇になりデッキ部の半野外空間となります。奥には、キリスト像が見えます。

 この施設は、大きな災害を乗り越えて、地域住民のなくてはならない場となっていると思います。

 坂氏は、「社会のために建築家は、はたして役に立っているのだろうか?」という自問自答と、先入観・既成概念にとらわれず、紙菅のようにモノの滞在能力を引き出しうまく別に転用できるか・・・このことを、この神戸で示したのであります。

 強い意志と行動力、そして、いかに社会へ貢献するかが建築家として重要なことでしょう。

Cimg4517

 このあたりは新しい家が建ち並んでいました。小さなポケットパークに、瓦を載せた東屋です。すばらしい

 

 

 

 

 

« 笹もってこい! | トップページ | 古き時代へタイムスリップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから15年:

« 笹もってこい! | トップページ | 古き時代へタイムスリップ »