2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

天空の城・竹田城

 知る人ぞ知る、名城が兵庫県朝来市にあります。

 その名は竹田城。石垣しか残っていませんが、全国屈指の山城遺構として「日本100名城」に挙げられています。

Cimg5787  標高353.7mの古城山の山頂に築かれ、南北400m東西100mの縄張り(平面構成)は約400年前そのままの姿を今に残しています。

Cimg5788  石垣は穴太(あのう)積みという工法で、信長の安土城と同じです。大小巧みに組み合わされ、当時の技術の高さに心を打たれます。

 Cimg5790 天守閣。簡素な丸太梯子を上ります。

Cimg5823  ここからの景色は絶景です。 

 但馬の山々、円山川の清らかな流れ。田畑のチェック模様の美しさ。感動します。

Cimg5800_2  遠方から望むと、虎が 臥せるような姿から虎臥城と言われています。日本のマチュピチュという人もいます。秋から冬にかけての早朝、霧の中のシルエットはまさしく雲海に浮ぶ天空の城。素晴らしいの一言です。

Cimg5801  お弁当を食べているグループもいました。ここの良いところは、自販機やお店がなく、それどころかゴミ箱も看板もありません。石垣の上に柵もありません。景色にうとれていたら落っこちます。

 ゴミひとつ落ちていなく心地よい草原が広がっており快適空間です。地元のボランティアの人たちが管理され、また、訪れる人もよくわきまえているのでしょう。

Cimg5809  焼き討ちなどで落城したのではなく、自然廃城した竹田城。変にコンクリートで再現した天守閣があるよりも、自然のままの姿が心にグッときます。これは、超おすすめの兵庫遺産ですよ。 

矢野選手、お疲れさま。・・・そして今年も終わった。

 2010年甲子園の最終戦は小雨のなか、今季一番の観客人数でした。

 矢野選手の引退試合があり多くの矢野ファンが駆けつけました。

Nec_0031_2  90年中日に入団。97年オフに阪神の一員となり、4年間は最下位を経験しました。そして、2003年、2005年にはリーグ優勝。攻守の要として、多くの投手の球を受け、チームの大黒柱としてタイガースを引っ張ってきてくれました。

 矢野選手といえば、笑顔です。勝ったときマウンドへ行く時の笑顔。サヨナラヒットを打ったとき、また打った選手の下へ一番に走っていく時の笑顔。あの笑顔のシーンが強く印象に残っています。

Nec_0039_2  引退の挨拶での「感謝、感謝、感謝」の言葉に思いが込められ、矢野選手の人柄が出ていました。皆から愛された矢野選手、いつかまた虎の力になってください。

 20年間、お疲れ様でした。

 ・・・しかし、そういう試合に、なんちゅう幕切れや。

 身売りが噂される3年連続90敗以上の最下位・横浜に、今年も多く貯金させてもらっている相手に、よりによってこの大事な試合に。

 自力V消滅!久保投手の最多勝も難しくなった。しょうもない野球落合中日にM1点灯。

 最悪やないか~

 9回2アウトで矢野選手がマスクを被る計算だったのだろうが、久保が4安打1失点のみの好投で、楽々完投ペースやったやろ今年何回こうやって久保の勝利を奪うんじゃ

 まず、一つも負けられない試合に、矢野選手をこの日のみ一軍登録したのには、びっくりしました。その分大事な現有戦力が一人ベンチを外れることになります。これが本当に優勝を諦めていないチームのすることか。

Nec_0033_4

 そら、矢野選手ならば鳴尾球場のみでは寂しすぎます。甲子園の大観衆の前で最後は球児の球を受け、握手で引退がファンも願っていたことではありますが・・・。

 それにしても、勝負に甘すぎる。球児も2四球で村田にドカンとは。

 何を今更あがっとるんや。それでもストッパーか。情けない。この2つの四球で今年は終わってしまった。油断です。この日のファンも(私も含め)反省せなアカン。横浜なら2点差で十分。9回には大矢野コール。もう勝ったと誰もが思っていた。勝負は甘くない。

 Nec_0032

           猛虎の要矢野狙いうち~!かっとばせ、矢~野~!

  第二の人生、応援しています。  

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »