2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年4月

モロッコの旅 マラケシュ編

 モロッコの旅も最後となりました。

 雪景色のアトラス山脈を越えていざマラケシュへ。

Cimg8626  まさか、このような雪景色をモロッコで見ることができるとは・・・。

 当然バスはスタッドレスタイヤでもなければ、チェーンも付けていません。一時はどうなることかと・・・。

 マラケシュはモロッコのほぼ中央に位置し、標高450mでアトラス山脈の麓に広がるオアシスに築かれたモロッコで2番目に古い町です。

Cimg8656  新市街にあるマラケシュ鉄道の駅です。カッコイイ!

 カサブランカの白に対して、マラケシュは赤色の町です。旧市街の建物は赤土の日干し煉瓦で造られています。

Cimg8679  ジャマ・エル・フナ広場を見下ろすこの町のシンボル、クトゥビア・モスク。12世紀中頃に建てられました。この77mのミナレットは西側イスラム世界でもっとも美しく均整がとれたムーア様式の最高傑作といわれています。
 てっぺんの球は人々に平穏をもたらす力があると信じられています。球の横のL型のサインはメッカの方向を表しています。
Cimg8690  町は真っ赤です。これは、政府が外壁の色は赤と決めているそうです。なるほど。そうでもしないとモロッコでさえもだめなのか。
Cimg8722  バビア宮殿内部。19世紀末に1000人の職人によって建設されました。
 中庭の周囲に並ぶ部屋は当時の4人の妃と24人の側女達の個室でした。
Cimg8730  どの部屋も豪華絢爛。モザイクタイルに大理石。これは、石膏を塗った後、彫刻刀で模様を彫る現場での施工仕上げです。大変な労力ですねー。
Cimg8744  天井の細密画も実に見事です。これは、寝て天井を見上げるとそこには美しい絨毯がありますよ。という意味らしいです。
Cimg8760  全長20kmの城壁で囲まれた旧市街。12世紀前半に築かれました。
Cimg8816  アグノウ門と分厚い版築の城壁。ルイス・バラガンもモロッコを訪れたとのこと。
Cimg8829  どこの国でも子供はかわいいし、老人の子供を見る目はやさしい。
 モロッコという国名はヨーロッパ人がマラケシュを訛って発音した事に由来しているそうです。
Cimg8856  ジャマ・エル・フナ広場。アラビア語で「死者達の集会」を意味します。当時は公開処刑場で罪人の首を曝す場所でした。現在は深夜1時までお祭り騒ぎの広場です。
Cimg8871  油断すると勝手に猿が肩に乗ってくる。このフナ広場の北側は、国内最大級の規模のスーク(市場)が広がっています。
Cimg8837  スークの裏側には民家があり、スークから入れないようになっています。フェズと同じくよそ者は庶民の生活空間に踏み込めないよう、住宅街の出入り口は離れた場所に設けられています。考えられた都市構造です。
Cimg8835  ここでしかないものを使う。景色とその土地の土で作った建物がこんなにも美しいのか!モロッコに行く前は、土の家なんぞは少ししか残っていないと思っていましたが、いやいや、RC構造以外は田舎ではほとんど残っていました。もちろん廃墟も多かったですが、自然に朽ち、それも美しい景色の一つでした。
Cimg8861  日本は全国どこででも均一な材料が手に入り、風土や地域性による必然性は無くなりつつあります。経済性・合理性のもと“そこに住む”という本来のいえの意味が失われています。豊かになり物があふれ価格のみで競争する建物には、何も感じないでしょう。

 外敵から身を守るための、そして暑さを考慮しいかに太陽を拒み涼しくするか。それが自然な形となり目の前にある土、石を積む。実にシンプルな考えから出来ています。

 非常に刺激を受けた旅でありました。

 アラビア語で「アンタ アホヤ」という言葉があります。正確には「エンタ アホイヤ」。これは、You are brothers.「お前ら、皆兄弟や!」または、「あなたは優しい!」

 「アホヤ スンマヘンナ」は「兄弟!すみません!」という意味です。

 ぜひモロッコへ行かれるときは使ってください。モロッコ人と仲良くなれます。

 

 

« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »