2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長崎現場日誌-仕上げや~- | トップページ | 奈良現場日誌-一文字- »

奈良現場日誌-上棟日和-

 穏やかな秋晴れの中、棟上げが行われました。

Cimg1151  奈良県香芝市。閑静な住宅街です。

Cimg1168  前日に土台、1階床の下地までは組んでおり、この日はレッカーで大きな梁を吊り、1本1本建てていきます。

Cimg1191 木造2階建て。屋根は切り妻のいぶし瓦葺き。軒瓦は一文字。

 中は、ほとんど真壁。よって柱・梁はもちろん、母屋、垂木もそのままみせます。

 なんと!瓦の裏も見せちゃいますw(゚o゚)w

 化粧材ばっかりなので現場は大変ですが・・・。養生ばっかり!

 外壁は掻き落とし仕上げ。内装は、床は杉無垢板。

 壁は、大津磨き、土なでもの仕上げ、荒壁、漆喰・・・。

Photo 構造は天然乾燥の吉野杉ちゃんだぜ~。やはり、天乾は、色は杉独特のピンクで匂いがまたいい。木造の良いところ。

 まあ、普通のオーソドックスな家ですが、実は、奈良でさえこういう家が新築されなくなってきました。ちょっと行くと大きなハウスメーカーの工場が競うように建っています。

 この家は職人の技術がモロに出る建築です。要は下地が重要です。

 完成に向かって楽しみです。  

« 長崎現場日誌-仕上げや~- | トップページ | 奈良現場日誌-一文字- »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良現場日誌-上棟日和-:

« 長崎現場日誌-仕上げや~- | トップページ | 奈良現場日誌-一文字- »