2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 奈良現場日誌-左官仕上げ- | トップページ | 奈良現場日誌-大津磨き- »

清らかな水の町 島原

 竣工後、定期検査のため久しぶりに諫早へ行ってきました。

Ie_4_2  芝生の成長を楽しみにしていましたが、休眠中でした。ハルよ来い。

 検査後、島原半島に足を運びました。工事中は、ここから南の島原・雲仙を眺めていました。

Buke1_2  島原半島の東端に位置する島原市。江戸末期に松原七万石の城下町として栄えた町です。これは、城下町の面影が残る武家屋敷の町並みです。

 中央には水路が流れ、雲仙普賢岳の湧水を引いたものです。昔は飲料水として生活に欠かせない水路でした。

Buke2_4  各家、石垣が揃っていて美しい町並みです。上に丸石を置いているのが特徴的です。

 次の日、夕方ピーチ出発まで長崎市に寄ってトルコライスを食べぶらぶらしました。

Raice  ニッキー・アースティンのトルコライスはめちゃうまい特にカレーが絶品です。

Hasi_3  眼鏡橋。築造1634年の現存最古のアーチ形石橋です。川面に映る姿と合わせ、眼鏡に見えるでしょ!

 ぶらぶら探索していると、こんな看板を発見

Bannbare  嬉しいね~ありがとう。 

« 奈良現場日誌-左官仕上げ- | トップページ | 奈良現場日誌-大津磨き- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清らかな水の町 島原:

« 奈良現場日誌-左官仕上げ- | トップページ | 奈良現場日誌-大津磨き- »