2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

南米の旅 イグアス編

 ブラジルのイグアスの滝近くのホテルで宿泊し、まず、アルゼンチン側のイグアスの滝を訪れました。

Photo  アルゼンチンに入国し、イグアス国立公園に入園し始発8時半のトロッコ列車で園内奥へ。下車し、このようなデッキの遊歩道で、滝最大のポイント・悪魔ののど笛を目指します。向こうにはその水しぶきが・・・!

 Cimg0563 アルゼンチン側からはその悪魔ののど笛の落下地点を眼下で見られます。その迫力たるや・・・w(゚o゚)w

Photo_2  イグアスの滝は、ブラジル・アルゼンチン・パラグアイの三カ国の国境地帯にあり、1億2000年前に既に存在したと言われています。

 先住民グアラニー族の言葉“igu”は水、“azu”は壮大なものへの驚嘆の意を示します。

 次の日はブラジル側からの観光です。

Photo_3  滝幅4km、最大落差80mの間に大小約300の滝が段を成して連なっています。まさに壮観、圧巻!また、アルゼンチン側からとブラジル側からとでは見え方がまったく違い、見比べるとひじょうに面白いです。

Photo_4  昨日アルゼンチン側から悪魔ののど笛は上から見ましたが、ブラジル側からは、下から遊歩道で迫って行きます。この辺りになるとカッパを着るかどうか覚悟しなければなりません。私は、全身水しぶきを浴びる事にしました。

 毎秒6万5000トンの水量を誇るスケールはまさに世界最大ですね。

 またイグアス国立公園は動植物の宝庫として知られ、広大な園内を散歩するだけでも巨大な蟻やアナグマ、綺麗な蝶や鳥に出会いました。

 園内のレストランでの昼食も美味しく、非常に楽しめた2日間でした。この後、パラグアイに移動します。

南米の旅 トロント編

 南米に行ってきました。初アメリカ大陸です。

 まず、伊丹空港~羽田、成田空港~トロント(飛行11時間50分)の行程です。トロントでは7時間位乗り継ぎ時間がありトロントの街を探索しました。

Photo  トロント・ピアソン国際空港から市内へ、バス+地下鉄で行きました。$3(約\300)。安い!この日のトロントは最低気温-20℃。散歩中は-12℃でしたが、めちゃ寒い!次のサンパウロが30℃なので比較的軽装で日本を発ったのですが、大失敗。耳も鼻も指先も凍る程冷たくなり、シャッターも押せないほどでした。

 地下鉄クイーンズ・パーク駅を降りたらそこはトロント大学。1827年創立、5万5000人の学生が学ぶ世界最大級の一つに挙げられる名門大学です。大学といっても、塀は無く、約230の校舎がトロントの街と同化しています。

Photo_2  ユニバーシティーAve.を南下し、オンタリオ美術大学のシャープ・センター・フォー・デザインの建築を見学。地面から浮いた形になっています。今にも歩きそうで面白い!向こうには、CNタワーが見えます。しかし、寒かった。

Photo_3  トロント市庁舎。フィンランド建築家のデザインです。二つの湾曲した形状が特徴的で、南側広場は冬にはこのようにスケートリンクになり市民に活用されています。しかし、寒い!早くトロント名物地下道に入りたい。どこや、入り口は?寒い~。

 Walk Wayと言って地下道ネットワークが1960年代都市計画の一環としてスタートしました。全長11kmにもなる地下道は-30℃にもなるトロントには欠かせない空間です。

Cn

553.33mのCNタワー。この足元に世界初の自動開閉式屋根のドーム球場があります。ロジャース・センター。トロント・ブルージェイズの球場です。ここまで行き、帰りも地下鉄+バスで空港へ。しかし往復¥600とは、安いです。

Photo_4  トロント~サンパウロ(飛行10時間15分)、エア・カナダでブラジル・サンパウロへ入国です。ここでTシャツになりました。暑い!国際空港とはいえ天井が低いです。

Photo_5  ここから国内線に乗り継ぎゴル航空でイグアスへ。飛行時間は1時間55分。

 伊丹空港発からイグアス着までは42時間40分でした。イグアスのホテルで寝るまでは48時間以上掛かったことになります。飛行機内で軽い睡眠はしたとはいえ、2日間は徹夜です。長かった~。

 さあ、明日はイグアスの滝、観光です。

佐世保に行って来ました

 諫早の物件が無事、役所の検査を終えました。

2  ペットも泊まれるホテルが5月(予定)、小長井町にオープンします。

 おたのしみに!

 長崎北部の町、佐世保に行ってきました。佐世保といえば、元阪神タイガース城島健司捕手の出身地です。あと、佐世保バーガーが全国的に有名ですね。

Photo  駅近くにある、「三浦町カトリック教会聖心天主堂」。高台に建っています。第2次世界大戦中では空爆から逃れる為、外壁を黒く塗ったそうです。そして、戦火から逃れました。

 この近くに「とんねる横丁」と呼ばれている戸尾市場街があります。

Photo_2  戦時中の防空壕を利用しています。最近NHKテレビ「鶴瓶の家族に乾杯」で、もこみちさんと訪れていました。それを観ていたので、寄りました。

 Photo_3 大正時代から続く商店街で、昔懐かしい匂いがしました。野菜も魚も安い!

 その一角のお店で佐世保バーガーを食べました。

Photo_4  中身は各店で違い、特に佐世保バーガーのルールは無いそうです。市内に多くバーガー店があります。ベーコンとフワフワたまごでボリュームたっぷり、美味しかったです。

 あと、海上自衛隊の資料館にも行ってきました。ここの資料は旧海軍から現在の自衛隊までの資料が展示しており、豊富で充実しています。無料ですし、オススメです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »