2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南米の旅 イグアス編 | トップページ | 南米の旅 クスコ編 »

南米の旅 パラグアイ編

 イグアスの滝国立公園見学後、パラグアイに入国しました。

Photo  ブラジルとパラグアイはこのパラナ川が国境です。ちょうど川の中心、橋の手摺に黄色の印が付いています。未知の国に入るのはワクワクします。( ̄ー ̄)ニヤリ

Photo_3  パラグアイの面積は日本の約1.1倍で人口630万人。南米でも有数の親日国で日本人・日系人約7000人が居られます。また、パラグアイにとっても日本は最大の援助国だそうです。

 車はトヨタが多く走っており、パラグアイに輸入後左ハンドルに改造するそうです。

Photo_4  入国後、国境のシウダ・デル・エステの街から今夜の宿泊場所の首都・アスンシオンまで国道7号線327km、7時間のバスの旅です。車窓の風景ですが、この街は免税の街で人と車で賑わっていました。アジアのような雰囲気がしました。

2  ちょっと行くと、このような赤土の風景が広がっています。所々、日本の地名や企業の看板が目に付きました。

 東日本大震災後に、「100万丁豆腐プロジェクト」として、100万丁分の原料の大豆や製造加工費を支援していただきました。(*^-^)ありがとう。

Photo_5  アスンシオンのホテルの夕食で、伝統民族楽器アルパ(スペイン語でハープ)の演奏と、ボトルダンスがありました。軽快な音と少女の軽やかな踊り。食事も美味しく、パラグアイの夜を楽しめました。

Cimg0702  翌日は3:30起床、4:00出発でシルビオ・ぺティロッシ国際空港へ。ペルーのリマへ向かいます。

 パラグアイの国旗は世界で唯一、表と裏のデザインが違います。中央の紋章が、表は星で裏はライオンです。面白いですね。

 パラグアイ滞在は短かったですが、優しい感じのする国でした。

« 南米の旅 イグアス編 | トップページ | 南米の旅 クスコ編 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

何編まであるのかな?
いいですね〜♪ d(* ̄o ̄)
めっちゃ楽しそう
滝大好き人間としては行ってみたい
イグアスの滝(≧∇≦)

 ほんまに凄い!壮大な滝でした。
 ぜひ行ってみてください。
 あと、クスコ、マチュピチュ、リマ、ナスカを紹介しま~す。
 また観てね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南米の旅 パラグアイ編:

« 南米の旅 イグアス編 | トップページ | 南米の旅 クスコ編 »