2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南米の旅 パラグアイ編 | トップページ | 南米の旅 ウルバンバ、オリャンタイタンボ編 »

南米の旅 クスコ編

 さあ、いよいよペルーです。

 パラグアイのアスンシオンからアビアンカ航空でリマへ約4時間。

 そこからクスコへ1時間20分の飛行。標高約3400mのクスコへ到着です。

Photo  サント・ドミンゴ教会。インカ帝国時代には太陽神殿(コリカンチャ。コリ=黄金、カンチャ=居所)が建っていました。

 下の基礎部分はインカ帝国時代の石組みです。

 インカ帝国は15世紀アンデス全域を支配していました。

 クスコはインカ帝国の首都でした。「クスコ」とはケチュア語で「へそ」を意味し世界の中心と信じられていました。

Photo_2 昼食をとったレストランからアルマス広場を望む。まず、この広場を中心にし、スペイン軍は町を造っていきました。

 スペイン征服以前、高度な文明を持ったインカ帝国は、アンデスの各地を征服すると、その文化の担い手となる技術者達を、 クスコなどに強制的に集めました。

 そして各地に、その技術や文化を広めました。

Photo_3  昼食中の、“コンドルは飛んでいく”。この日の夕食も、“コンドルは飛んでいく”。

 ペルーに来るとコンドルはよく飛んでいます。その度に、CDのセールスがあります。

Photo_4  コカ茶が出ました。標高150mのリマから3400mのクスコに飛行機で移動したので、高山病が心配でした。このコカ茶は高山病を和らげると言われています。実は、このコカの葉=麻薬のコカインと思われています。

 コカインは、大量のコカの葉を粉末にし、石灰水+灯油を混ぜ、そこに炭酸ナトリウムや硫酸を加え、そこに塩酸など複数の化学調味料を加え混ぜ、“白い粉”になります。

 よって、コカの葉とコカインはまったくの別物です。コカの葉はアンデス先住民において重要な役割を持っていました。儀式の道具、鎮静剤、等。

 私は、日本で高山病予防効果があるとされる“ダイアモックス”を処方してもらいました。前日から服用し、か、どうか分かりませんが、高山病は掛かりませんでした。まあ、「備えあれば患いなし」ですね。

Photo_5  クスコといえば剃刀の刃1枚も通さない精巧な“石組み”が有名です。スペイン軍は、優れたインカの石組みの上にスペイン風の建築を造らせました。

 石組みの目地はありません!ガイドさんに聞くと、楔で上下繋いでいるそうです。

4  クスコは過去3回の大地震がありましたが、スペインが建てた建築はダメージが大きく、インカの石組みはビクともしませんでした。この写真の大きな石組はインカ帝国のものです。この石組の文化は、ボリビアのティワナク文化の影響が大きく、石工はチチカカ湖周辺部族とされていますが・・・。

Photo_6  なぜ、人口20万人、4000人の兵を持った無敵のインカ帝国が200人弱のスペイン軍にあっけなく敗れたのか?いろいろ理由があるそうですが、この町を歩くと、その謎めいた雰囲気、アジア人に似た人々の顔がなぜか、親近感が沸いてきます。

 太陽信仰(インティ)のあるこの地と、日出づる国と関係あるかもしれませんね。

 

« 南米の旅 パラグアイ編 | トップページ | 南米の旅 ウルバンバ、オリャンタイタンボ編 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南米の旅 クスコ編:

« 南米の旅 パラグアイ編 | トップページ | 南米の旅 ウルバンバ、オリャンタイタンボ編 »