2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

地元の秋祭り

秋になりました。今年は昨年より早くやって来ましたね。

秋晴れの中、地元の秋祭りがありました。

Cimg1286仮屋漁港にある、事代主神社です。海上安全の神様を祀っています。

4台のだんじりが出ました。

淡路島には約300台のだんじりがあるそうです。

Cimg1290だんじり唄。最近の世相を唄っています。

この谷町のだんじりは1864年に造られ、赤座布団の下の彫り物は、歴史上の物語が一枚板に彫られています。

Cimg1299神社の目の前は漁港。海の安全を願い、だんじりの鳴り物(太鼓)が町内に響きます。

Cimg1312御神輿さんが海の中に入り清められます。

涼しくなったのどかな島の一日でした。







夢は次に・・・

今朝の、全米オープン決勝戦、各TV局、試合経過を随時テロップで表示し、

気合が入ってましたね。私は、テロップから目を離さずの今朝でした。

準優勝。

NHKが急遽、放送。英断です。さすが、NH圭!

相手のマリン・チリッチ選手が、強力なサーブとほぼ完ぺきなストロークで完璧な試合内容でした。まあ、スコアはすべてのセットは3-6でしたが、スコアほどやられた感じはしませんでした。が、隙が全くなく、今回のチリッチ選手は強かったということでしょう。

Cimg1843クロアチアの国民も、大変喜んでおられるでしょう。おめでとう!祝。

2008年にクロアチアへ行きました。なかなか良い国でした。

優勝には届きませんでしたが、これで、日本男子が悲願の4大大会のトロフィーを上げる日が来るのだと確信しました。錦織選手は相当、プレッシャーを感じていたそうですが、顔も動きも堅かったですね。これが、いい経験で、来年1月の全豪オープンが今から楽しみです。

Cimg2059まずは体のケアして楽しみな凱旋、今月末の楽天オープンは盛り上がるでしょうね。

         「夢は、確実にそこまで来ている。あとは、掴むだ圭。」




この日が来たか!錦織圭

全米オープンテニス、ニッポン快進撃です。

車いすの部では、国枝慎吾選手が3年ぶり4度目のシングル優勝。これで単複2冠達成です。そして、女子では、こちらも上地結衣選手が単複2冠。素晴らしい!

さあ、続けとばかり、日本時間明日(9日)早朝、我らがニッポンの至宝・錦織圭選手の登場です。

テニス日本男子が、まさか、4大大会決勝のコートに立てるとは凄いことですね!

1年前のこの大会では179位の選手に1回戦負け。なんと今大会直前の8月4日に右足親指の手術を受け、出るかどうか迷っていたとか!

Cimg2062それが、この快進撃です。あっぱれ男子テニスの時代が変わります。

BIG4(ナダル、フェデラー、ジョコビッチ、マリー)の時代が長らく続いています。´05年全仏から今年6月のウインブルドン大会まで38回開催された四大大会の内、実に36大会がBIG4の優勝でした。そこに、誰が入ってくるか?

世界ランク11位の錦織圭選手がキタ-

錦織選手が試合で決めると画面にはガッツポーズしている人。マイケル・チャンコーチです。昨年の12月に新コーチとなりました。実は、チャンは海外遠征時のパートタイム・コーチで、フルタイム・コーチは4年組んでいるダンテ・ポッティーニがいます。

Cimg1628
今年1月の全豪オープンでは、「今大会のベストマッチ」と称された4回戦ナダルとの一戦が錦織選手の変貌を予感しました。負けはしましたが、どのセットも1時間超えでナダルと互角の、フォア中心の攻撃的なテニスで打ち合いました。新コーチ・チャンとのプレイの姿勢が表れた試合でした。

チャンは、体が壊れるギリギリの練習を課し、指示・指摘は多く細かい。当時、錦織選手は「ここまで頭を使うのは大変」と言っていましたが、この短期間で、ここまでステップアップ出来たとは!恐れ入ります。

決勝戦の相手は、クロアチアのマリン・チリッチ選手。こちらも4大大会初優勝を狙います。昨年のこの大会は、薬局で購入したサプリメントがドーピング違反となり出場停止。その悔しさとフェデラーに完勝した勢い、あの長身からのビッグサーブとパワーテニスは、最初錦織選手を圧倒するかもしれません。

Cimg1811しかし、今大会のバックハンドは大きな武器で、サーブもすごくよくなっています。また、リターンが攻撃的且つコントロールが良く、長期戦になれば、錦織選手に分があるでしょう。

何せ、4回戦・準々決勝合計8時間半の接戦を制した精神力・スタミナが備わっています。

チリッチは強敵ですが、今夜はエビチリでも食べよっと

明日の朝、ニュースで「アジア発!四大大会 優勝!錦織圭」が聞けるでしょうか。

楽しみです。アーサー・アッシュ・スタジアムへ飛んで行きた~い!

最後に、マイケル・チャンの言葉。

    「僕らはまだ、やり遂げていない」

ちなみにチャンがいつも被っている黒の野球帽は、兄が経営しているピザ屋の広告が書いてあります。さすが。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »