2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 西山卯三の記録 | トップページ | 冬の甲子園 »

千年の甍(竹中大工道具館 企画展)

元興寺の極楽堂と禅室の瓦は、一部千四百年前のものが載っています。凄い 
K01土窯で薪で焼いた味わいある瓦。
日本に瓦が伝わったのは588年。飛鳥寺で初めて使われのちに奈良に元興寺として移されました。 K02日本最古の平瓦と丸瓦。桶巻きづくりという製法であった。K04 桶に粘土を巻き、平瓦は4分割、丸瓦は2分割して窯で焼く工法であった。
古代瓦のもう一つの工法は、今も続く1枚づくり工法。こちらの方が簡単で素早く作れるので8世紀頃から平瓦づくりの主流になった。K05登り窯。薪は樹齢40~80年くらいの松が樹脂が多く火力が強くてよかったそうです。一窯に1600束の松薪がいったそうな。薪を割るのも大変ですね。K06 軒丸瓦。トモエと言う。様々な文様が愛らしい。
11世紀までは蓮華紋、12世紀以降は巴紋が主流になった。他に家紋、文字などがあります。K11吉野仏舎利塔の鬼瓦。鬼瓦は棟の両端から雨水が侵入しないよう塞ぐ瓦。この様な鬼面が登場したのは奈良時代以降。いつの間にか鬼瓦と呼ばれるようになりました。K08鬼瓦を見るのは楽しい。職人の遊び心もあるのでしょう。ユニークな顔があります。Ko7 薬師寺の鬼瓦。K09平瓦の反りの定規。Cimg3148
「瓦屋」瓦をつくる職人。「屋根屋」瓦を葺く職人。
仕事の九割は段取りで決まるといわれ、「原寸図の作成」「瓦の選別」が重要な準備です。
焼き物の瓦は一つ一つ微妙に形が違います。Cimg3161平瓦の場合、「瓦の深さ」「瓦のゆがみ」を確認し選別します。K10達磨窯で焼いた敷瓦。この表情がたまんない
屋根は日当たりの悪いところの方が早く傷む。
屋根の寿命を均一にするには焼の悪い瓦は南に、良いものは寒い日当たりの悪いところへ葺く。そのために選別は重要です。(山本清一氏)K03 美しき景観をつくり守るのは屋根です。
瓦の役割は果てしなく大きく、いつまでも変わらぬものでしょう。

« 西山卯三の記録 | トップページ | 冬の甲子園 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千年の甍(竹中大工道具館 企画展):

« 西山卯三の記録 | トップページ | 冬の甲子園 »