2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

インスタ映え 淡路島 part.1

 昨年の新語・流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれました。
 淡路島の、おススメ・インスタ映えを独断と偏見でご紹介します。
O1 明石海峡大橋を渡ってすぐの崖地にあるこのファンタジーな空間。 
    「ア-ト山大石可久也美術館」
O 大石夫妻と仲間たち、200名のボランティアにより2005年に完成しました。
 大阪湾を望む絶景のちょっと辺ぴな場所。国道28号線から急な坂道を上がっていきます。
 そこは、まるでおとぎの国
O4 愛犬もお出迎え・・・。
O5   愛情ある作品が、訪問者を笑顔にさせます。ほんわか、ゆる~い空気が流れます。
O8
 緊張感を持ちゴッホなどの有名絵画を観るのもいいですが、ゆったり感満載の
リラックスしてブラブラ鑑賞するのもいいですね。
O3
 仲間たちで造った建物、外構。時間は相当掛かったと思われます。多くの人の手が
思いがガタガタの石積みから伝わってきます。
O6 大阪湾からの海風が快適な居場所を提供してくれます。時間を忘れる・・・。
 木や竹、石や土、レンガなどの自然素材はけっして建築材料ではないと
つくづく思います。時間の流れの中での生き物です。だから、美しく老いていく。
 日常離れしたゆったりランド。ぜひどうぞ。
O7  

闘将よ、永遠に

 2018年初めからショックなニュースが入ってきました。
 星野仙一氏がお亡くなりになりました。信じられない!の一言です。
 現在の阪神タイガース、毎年Aクラスでの戦歴は星野さんが築き上げたものです。
 負け癖の阪神を「勝ちたいんや!」で勝つ喜びを選手が味わい、強くなっていった。
 冷酷と言われた、多くの戦力外通告。トレード。
 そして、金本現監督を強引に阪神に引っ張ってきた。
 もし星野さんでなければ、阪神・金本は誕生せず、2003年優勝もなかったかもしれない。
 もちろん、金本監督も。
 2013年は、楽天で優勝し東北の皆さまを勇気付け楽天以外のファンも感動しました。
 あの時の日本一は東北楽天以外ありえなかった。星野監督以外ありえなかった。
 まだまだ野球界に「喝」を入れ、スポーツ界全般のリーダーとして引っ張っていってほしかったです。
 
 今年は、何が何でも、阪神、楽天、中日は星野さんに怒鳴られないよう熱い戦いをしなければいけないでしょう。
 どうか、ゆっくり休んでください。
 
Hoshino

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »