2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅① 出発編 | トップページ | 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅② サラエボ編 »

大相撲三月場所千秋楽

Cimg3495
平成30年は何人の横綱・大関が誕生するか。1_2
その最短距離にいるのは先場所初優勝した栃ノ心だ。2今場所優勝した横綱・鶴竜に真っ向力相撲で勝っている。
5年前の大怪我で三場所連続休場、幕下まで転落。
3その後の辛抱と努力で次の大関候補まで駆け上がってきた。
5月場所も一番注目される力士でしょう。5横綱・鶴竜も昨年怪我に泣いた力士だ。色々あったが、寡黙な横綱は今場所も万全で
ないなか土俵際の粘りで賜杯を抱いた。6魁聖、遠藤も来場所以降大変楽しみな力士だ。
遠藤も大怪我からようやく復活してきた。新三役でのさらなる活躍に期待が膨らむ。
7土俵は呼び出しが造る。15日間の熱戦が土俵の土を揺さぶる。
8優勝、各賞授賞式が全て終了し、出世力士手打式が行われる。この力士たちは来場所から番付に載る。神となる行司が胴上げされ天に帰っていく。9そして場所の最後は、「神送りの儀式」。初日の前日「土俵祭」で土俵中央に収められた
「鎮め物」をスコップで取り出す。
「鎮め物」は、洗米、するめ、昆布、塩、かち栗、かやの実を奉書紙でくるみ水引で結んだもの。Cimg34835月場所は稀勢の里の復活に期待します。 

« 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅① 出発編 | トップページ | 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅② サラエボ編 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲三月場所千秋楽:

« 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅① 出発編 | トップページ | 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅② サラエボ編 »