2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大相撲三月場所千秋楽 | トップページ | 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国を巡る旅③ モスタル編 »

旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅② サラエボ編

ボスニアヘルツェゴビナの首都・サラエボに到着しました。AM11:00(日本との時差-8H)
小さな空港です。
S01
ボスニアヘルツェゴビナは内陸国で、アドリア海の海岸線は10㎞足らず。クロアチアに阻まれています。北部をボスニア地方、南部をヘルツェゴビナ地方と呼び、これが国名になっています。S03
空港の南側にある「トンネル博物館」へ。
見た目は普通の民家ですが、外壁をよく見ると銃弾の跡が生々しく残っています。
S02
1992~95年の紛争時に使用されたトンネルが一部保存されています。当時サラエボは
セルビア軍に包囲され孤立していました。空港より北側は安全地帯だったため
この民家の地下から空港の北側まで800mのトンネルを掘り人や物資の輸送を行っていました。S05
25mが公開・保存されています。幅1m高さ1.6m。丸太組で一部鉄骨造。
旧ユーゴスラヴィアは独立を唱える各共和国とそれを阻止するセルビア主導の連邦軍との争いでした。
S04
全長800mを僅か4か月で完成したそうです。生き残るための生命線でした。
1995年といえばつい最近。
本当にこの場所で戦争があったのかと思えます。今はのどかな風景。
S06
サラエボ市内。車の量は多く、電車が道路の中央を走っています。S07ラティンスキー橋。1914年6月28日、この場所でオーストリア皇太子夫妻がセルビアの大学生に暗殺されました。スラブ系民族が多いボスニアヘルツェゴビナがゲルマン系オーストリアに併合されることに反対するスラブ民族の怒りが背景にありました。
これが第一次世界大戦のきっかけでした。S08
旧市街の中心・バシチャルシャ。中近東の雰囲気があります。トルコの国旗もあちこちに。
S09
写真右の建物の屋根は鳩葺き。鳩多し。
S10
セビリ(水飲み場)が中心。オスマン朝時代の町並み。S11
トルコ式の銅製コーヒーセット。トルコが懐かしい・・・。S12
イスラム教、ユダヤ教、カトリック、東方正教会の宗教施設が混在し不思議な空間です。多民族・多宗教が混ざり合ったサラエボはなんとも魅力的な街です。S131984年冬季オリンピック開催、1992年サラエボ大虐殺事件。僅か8年で激動する都市。S14サラエボ五輪メイン会場。ひっそりとしていました。
物価も安いし人も優しい感じの人多し。旧市街はまたゆっくり訪れたい不思議な空間の街でした。

« 大相撲三月場所千秋楽 | トップページ | 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国を巡る旅③ モスタル編 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅② サラエボ編:

« 大相撲三月場所千秋楽 | トップページ | 旧ユーゴスラヴィア3ヵ国を巡る旅③ モスタル編 »