2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅⑧ ベオグラード編

5日目(最終日)セルビアの首都・ベオグラードへ向かいます。
市内に入るまでアダ・トゥガンリヤという公園に立ち寄り昼食を食べました
Cimg3402_3


Cimg3412
この公園内の建物のデザインは全く統一されていない。デザインコンセプを聞きたいものだ
Cimg3411
円盤型給水塔。
Cimg3413
あまりおいしくなかった鯉料理を食べ、甘すぎるデザートを食べ市内に向かう。
「ベオグラード」はセルビア以外は「ベルグラード」と呼ばれている。かつてのユーゴスラヴィアの首都でしたので大都市です。
「ベオ」、「ベル」:白い。「グラード」:スラブ語で町。「ベオグラード」:で白い町という意味。
モロッコの「カサブランカ」はスペイン語で白い家と言う意味でした。
カサブランカは政府が建物を条例で白に統一しているので町並みは白でしたが、ベオグラードは白ではなかった。
クネズ・ミロシュ通り。ベオグラードの主要な通りの一つ。この通りの建物は空爆の標的になりいまだにそのままのじょうたいで残されている建物があった。
Dsc04747 壮絶な1999年NATOの空爆を受けたビルの前を通る。そのまま残している!地震が多い日本では考えられない。二次被害は心配ないのか!?そのためなのか、下に落下防止用ステージをわざわざ組んでいる。「決してこのことは、忘れるな、ということか?」Dsc04711 ユーゴスラヴィア歴史博物館。高台の緑豊かな広い敷地に3つの建物がある。Dsc04698

Dsc04712
その一つ、「花の家」はユーゴスラヴィア社会主義連邦共和国の指導者ヨシップ・ブロズ・チトーの霊廟。原寸の銅像。身長は低かった。Dsc04700

独立の英雄。チトーが死去後、分裂が始まる。
セルビアは最終的に西欧及び北米の悪者にされ米国とNATOの空爆を受ける。
さらに2014年大洪水が起きGDPの8%が流出する。
Dsc04705
コソボ共和国は独立しそこに暮らしていたセルビア人は追放された。
 Dsc04710

Dsc04709

Dsc04703
チトーは世界各国を訪れた。その時の世界各国の民芸品が多く展示されている。Dsc04706 今も多くの人が献花に訪れる。
この公園から、これから行く巨大な聖サヴァ教会が見える。
Dsc04699
「聖サヴァ教会」東方正教系の教会としては世界最大の規模を誇りセルビア正教の中心的教会。
Dsc04713
外観は完成しているが内部は工事中。天井のドームは足場が組まれ工事中。

Dsc04720
完成図。
Dsc04732 特別に地下の豪華絢爛なホールに入らせていただきました。 Dsc04726
このホールだけでもいくらのコストが掛かっているのか!?
Dsc04723

 

Dsc04733

聖サヴァ教会の横にある小さな端正な教会。


Dsc04739
「セルビア国立図書館」

Dsc04734


Dsc04751
市内はトロリーバスやトラムが走っており車の交通量が多い。Dsc04754 さすが、セルビアの人口1/4の200万人の首都だ。

20世紀初頭に建てられた「ホテル・モスクワ」セセッション建築。ベオグラードを代表する建築として有名みたいです。

Dsc04752 ここに人々が住み始めたのは、紀元前4500年、ケルト人、ローマ人、スラブ人など様々な民族がこの地で文明を築いてきた。Dsc04764

歩行者天国。多くの買い物客で賑わう夕暮れ。Dsc04762

大きなショッピングセンター。
Dsc04763
Dsc04760

路地の本屋さん。絵になるね~。
Dsc04757

ベオグラードはドナウ川とサヴァ川が交わる場所に位置する。Dsc04767 カレメグダン公園から新市街:ノヴィ・ベオグラードを望む。Dsc04772 紀元前4世紀には既に要塞が造られていた。現存する殆どが18世紀以降のものです。Dsc04777 ライトアップされた擁壁は美しい。旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅の最後の夜に相応しい。Dsc04774この公園には「ししおどし」があります。この擁壁の一部分、日本が復旧に貢献しました。2010年日本への感謝の気持ちとして造られた。Dsc04775  嬉しいです。Cimg3576

ベオグラードのホテル「アストリアホテル」シャワー室は円形の宇宙船みたいだった。


Cimg3429

最後の夕食。セルビアは伝統的に養豚が盛んだ。厚みのある豚肉。美味しかった。食べ応え十分だった


Cimg3418
ホテルはベオグラード本駅の近く。Dsc04784 夕食後駅まで散歩。Cimg3431この国の首都の駅。しかし、暗い。

明日は帰国。カタールのドーハでの乗り継ぎ8時間25分を有効に使うには。

市内観光ツアーに参加するぞ。ドーハに到着ギリギリのツアーの受付時間終了まで15分。間に合うかどーは!?

 

旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅⑦ プレゾヴァ編

夕食。メインはチキンかポークかフィッシュが選べました。あの円盤型のパンは食べ放題。
Cimg3392
1階ホールから下ってレストランへ。美しい階段。手摺の立ち上がりは左官仕上げ。
「階段は段裏を見ると良い階段か どうか分かる。」ある建築家の言葉。Cimg3394
ホテルの部屋からの朝の風景。
Dsc04631
2月2日、雪が積もっていますがそんなに寒くはありません。
赤瓦に白い雪がよく似合っています。


Dsc04629_2
朝食のメインはオムレツ。具はチーズ、サワークリーム、野菜、肉・・・。色々チョイスできました。このホテルのこだわりの朝食だ
Cimg3398
ホテル前の道路。Dsc04640
工事中の建物。柱と梁、スラブは鉄筋コンコリート。壁は軽量ブロック。

Dsc04645_2
プレゾヴァへ向かいます。バスの車窓ののどかな風景。旅は道中が楽しい。
Cimg3400
ガソリンスタンドでトイレ休憩。大体ちいさな売店があります。コーヒータイム。Cimg3401
ストゥデニツァ修道院。城壁に入る手前に宿泊施設が建っていました。
Dsc04647
高い城壁に囲まれた円形の敷地内の中に3つの建築が残っている。門へのなだらかなカーブしている石畳のアプローチ。立派な門。円形の敷地というのが分かる。

Dsc04694
1183年にセルビアの君主ステファン・ネマニャにより建立。
Dsc04652
「生神女聖堂」。ロマネスク+ビザンチン様式の二つの建築様式の特徴を持つラシュカ様式。美しい聖堂だ。

Dsc04658


Dsc04664
東方正教会の伝統では教会の装飾に彫刻などがもちいられることがないがここは例外的に聖母や聖人の像や動植物をモチーフにしたレリーフを見ることができる。
Dsc04674
教会内はフレスコ画で覆われている。古いものはなんと13世紀に描かれたものだ。
Cimg3572


Dsc04678
見張り塔か?売店があったが閉まっていました。残念。
Dsc04663
聖ニコラス聖堂。石積みの外壁でコンパクトな聖堂です。中を見たかった。
Dsc04685
石造の塀が円形の敷地をぐるっと囲んでいる。周囲の山々にすっぽり収まっていた。この場所が重要だったのだろう。

Dsc04651
ストゥデニツァ修道院。一時は数あるセルビアの修道院でも最大の規模と重要性を誇った。

Dsc04681


Cimg3574


Cimg3573

Cimg3562

旧ユーゴスラヴィア3ヵ国⑥ ノヴィバザル編その2

昼食のデザート。シロップ漬けのこの様なお菓子がセルビアには多いです。甘すぎる。
Cimg3388
ノヴィバザルの街をぶらぶら散策。Dsc04598

アルトゥンアレイムモスク。

Dsc04612_2

2階は女性用礼拝スペース。
Dsc04604

雑貨屋さん。カラフルなのが多い。
Dsc04582

ハンバーガー屋さん
Dsc04586

Dsc04591上屋の出と軒の出がいいですねー。Dsc04619町の中に普通に(ハマム)トルコ式浴場跡がありました。朽ち果て、そのままの状態。Dsc04618その付近には貴金属店が密集していました。Dsc04615お母さんと一緒に貴金属店に買い物に来ている少女。まだ全く興味がない年ごろでしょう。Dsc04616あまりこの辺では見かけないアジア人の方が興味深かったりして・・・。じっとこちらを見ていました。しかし子供は国籍問わず可愛いですね。 Dsc04585高層マンション。Dsc045891階は店舗。上階はマンション。Dsc04590 デザインは未来的、ソ連的。ピロティ部分の柱は凝っている。Dsc04597川の上に建つホテル。Dsc04584  小さな公園。遊具は日本のものと違う。Dsc04614こちらでは一般的なパン。見た目はあまりおいしそうには見えないけれど中はもちっと外はパリッと以外に美味しい。Dsc04600  オスマン時代の城壁にあるオールドタワー。見張り塔。これなんか中に入って上まで上がってみることが出来たらいいのに。Dsc04624 ノヴィバザルで宿泊したホテル。「HOTEL TADZ」街の中心の イサコヴィッチ広場からほど近い場所にあり、街を散策するのに便利なところでした。このクラスのホテルには珍しく浴槽がありました。Cimg3571浴槽があれば思いっきりバシャバシャ洗濯できるので 大変うれしい。

旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅⑤ ノヴィパザル編その1

セルビアのノヴィバザルへ向かいます。セルビアはバルカン半島の中心に位置する面積は北海道の5分の3程の小さな国だ。かつてはユーゴスラビ内で中心的役割を果たしていた.

ポドゴリツアのホテル・ラマダの平面図。ホテルでは一息ついてから測量します。15分位でサラッと。疲れているときは早く寝たいが、長年続けているので辞められない。

Cimg3570


Cimg3322
モンテネグロのポドゴリツアのホテルで朝食をたっぷりとって今日も1日元気に歩き回ろう!Cimg3353

朝食バイキングコーナー。レストランは最上階で景色が良い。
Cimg3362

しかし灰色のビルが多い暗そうな町。
Cimg3356

Cimg3376  2月なので雪が残っています。車窓から小さな教会がぽつぽつ見られます。これも教会でしょうか?Cimg3386

この町はコソヴォに近いこともあり人口の約半分はイスラム教徒です。
Dsc04545
ノヴィバザルの街に入ってきました。軒先が出てない瓦屋根。樋が無いので雨水はそのまま流れる。通行人は大変じゃ!

Dsc04542


Dsc04577


Dsc04547
聖ペトル聖堂。セルビアに現存する聖堂として最古。バルカン半島に残るキリスト教建造物の中で最古です。Dsc04550現存する建物は9-10世紀。墓地と一体。歴史を感じる。美しい光景だ。ゆっくりぼちぼち見学しよう。Dsc04561  この聖堂は土台は4世紀、上は6世紀のもの。今ある聖堂は古い聖堂の土台の上に建てられた。7世紀に大改修された。Dsc04563

幅広の十字架は聖堂創建以前にあったそうです。Dsc04567入口。本日は何かの集まりのため旅行者は入れなかった。普段は入れるそうです。残念。Dsc04573  プレ・ロマネスク様式、丘の上に建っている。街の象徴。美しい。雪と石積がよく合う。Dsc04551


Cimg3577


一般的な住宅。
Dsc04576

2階が玄関。いや、これが1階かな?その下の明り取りの窓の部屋は地下?1階?
Dsc04575
昼食でこのレストランに入る。Dsc04578

とても美味しかったです。セルビアの定番の定食です。量が多かった。お腹一杯。
Cimg3387
さあ、これから、ノヴィバザルの街を散策

 

旧ユーゴスラヴィア3ヵ国の旅④ コトル編

モスタルはまた訪れたい場所でした。
Dsc04371
モンテネグロのアドリア海沿岸の街コトルへ。モンテネグロはイタリア語のヴェネツィア方言で「黒い山」を意味します。

途中、バスごと船に乗りコトルへ向かう。船にはモンテネグロの国旗がなびいている。

モンテネグロは2006年に独立した人口62万、面積は福島県と同じ位の小さな国です。

Dsc04462

コトル旧市街に到着。東面の黒い岩肌に城壁が見える。全長4.5㎞、最高高さ20mの

城壁、コトル湾に囲まれたポカ・コトルスカと呼ばれる地域。天然の要塞。



Dsc04467

石畳の狭い路地で構成される旧市街は貿易により発展した世界遺産の美しい街です。 Dsc04485

コトルはローマ・カトリック文化圏と東方正教文化圏の境界に両方の教会が建っている。聖ニコラスセルビア正教会は1909年創建されたビザンチン様式の教会です。Dsc04471
石灰岩の白い外壁に緑色の木製開き窓がよく似合う。Dsc04483
1195年に建造されたセルビア正教会の聖ルカ教会。ロマネスク+ビザンチン様式の特徴ある外観です。Dsc04489 狭い路地に地元のカワイイ暴走族が!「どけどけ~!」Dsc04496
城壁に上がる入口リレーフ門。Dsc04505
がたがたの石畳。地元のおじいちゃんと孫娘たちも元気に上がってきます。Dsc04521 上がるたびに景色が広がっていく。中腹にある救世聖女教会へ向かいます。Dsc04516 赤茶瓦が美しい。1979年の地震によって多大な影響を受けました。ユネスコなどの協力により景観が戻った。Dsc04523 山の斜面に育つ糸杉がたくましい。雪が残る1月ではあるがけっこうしんどい階段だ。シャツ1枚だが汗をかきました。Dsc04537 中腹のベンチに到着。西側のコトル湾と旧市街を望む。Dsc04526 この地形が敵から守ってきました。現在は人気のリゾート地。Dsc04525
1518年に建てられた小さな教会。山にすっぽり収まっています。Dsc04532 ここからの景色は素晴らしい!下りの方が階段が濡れており怖かった。Cimg3569

山と海に囲まれた城壁都市コトルは12世紀以来の建築が残り美しい街でした。小さいながらも路地が複雑に入り組んでおりもっと時間を掛けて歩きたい場所でした。

がんばれ!北海道。


Cimg2721
                    がんばれ、みんなの大好きな北海道!

旧ユーゴスラヴィア3ヵ国を巡る旅③ モスタル編


03
サラエボ旧市街の路地。ここはオスマン朝以来商業の中心であった。
オリエントの雰囲気があるバシチャルシァ。職人街。中近東の雰囲気が漂う。04
広場の中心・セビリ(水飲み場)。05
モスク。06  モスクの敷地内の木にサインが。ドローンは禁止。最近はどこに でもあるサイン。01 夕食はモスタルのホテル。ボスニア料理のチェヴァプチナ。挽肉の炭火焼の肉団子。少し辛かったけど美味しかったです。

02
朝食はバイキング形式。種類が豊富です。どうしても食べ過ぎる。
朝食後この旅一番行きたい場所スターリ・モストへ訪れる。
Dsc04343_2
モスタルの街は新旧混在している。
Dsc04344_2
07
モスタルは15,16世紀にオスマン朝期に発展した町。ボスニア語で「橋の守り人」と言う意味。門へ到着。川のこちら側・西側はクロアチア人の領域。対岸・東側はムスリム人の領域。08 ネトレヴァ川が中央に流れ1566年オスマン朝支配下時代に建設された美しいアーチ状の石橋。スターリ・モスト10

11
この建築は博物館。石碑は紛争で1993年11月に破壊された事を「忘れるな」。
2004年ユネスコの協力で復元された。12

13
  当時の建築技術の高さがうかがえる美しさだ。09
仕事中の明るい職人さん。14  パン屋さん。
スターリ・モストは平和を願う象徴としてこれから多くの人々が渡っていくでしょう。Cimg3567

« 2018年4月 | トップページ | 2018年10月 »