2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 風のミュージアム | トップページ | 余部鉄橋 »

和久傳の森

Dsc04873 京丹後市久美浜町に「和久傳の森」に行ってきました。
2007年から植物生態学者の宮脇昭氏の元、従業員と全国から有志が集まり総勢1600名で
この土地に56種類の苗木を植え3万本を植樹し、森として育だててきた。
Dsc04874 この森に「森の中の家 安野光雅館」がオープンした。Dsc04890 この建築でもコンクリートの壁でアプローチを長くとって期待感を徐々に増幅させていく。Dsc04878

Dsc04893
この壁の末端から一直線に入口へ向かう。
実は最初の安藤忠雄氏の案は三角形のプランで大きな吹き抜けがあり三角形の内壁に沿ってスロープで作品を鑑賞していくプランであった。エントランスホールに展示されているスケッチからうかがえます。実現していたら現建築と全く違ったものになっていたでしょう。この玄関への三角形の最後の折り返しはその初めの案を残しているのか?Dsc04884
玄関の庇も三角形。建築家の、この敷地に三角形という深いこだわりを感じる。Dsc04889
Dsc04887
シンプルな長方形。外壁は杉板張り。黒一色で建築の存在を消している。
繊細な柔らかな水彩画の安野光雅氏の優しい絵に安藤忠雄の強烈な建築の個性を一歩引いているとこらが良い。Dsc04895  この敷地の顔・桑の樹。軸線をこの樹に合わせています。Dsc04897
敷地内に工房レストランwakudenMORI(モーリ) があります。モーリはイタリア語で桑の樹。Dsc04917
地元・丹後の食材を使った料理がおいしいです。春、秋はテラス席が気持ちがいい。冬は80センチ位雪が積もるそうです。冬は暖炉の火を入れるそうです。Dsc04898
このレストランの裏手に面白い建物が建っています。一般客はあまり行かない敷地の端っこにあります。Dsc04915 
「実の里」という建築。用途は、作業小屋?ゲストハウス?でしょうか。木製建具がいいですね。土壁風外壁仕上げ。渡り廊下は見晴らしの丘へ通じています。

Dsc04906
「米倉」 これも外壁は同じ。この背後にイチジク、柿、ブルーベリー、ゆず、スダチの果樹園があります。Dsc04911
「森の中の家 安野光雅館」12月3日まで「赤毛のアン原画展」をやっています。
Dsc04918
  安野光雅の水彩と筆のタッチと赤毛のアンの話がひじょうにマッチしています。
 この展覧会の絵を見ると海外に旅したくなります。

Cimg3634
メインのホールに掲げている安野光雅の言葉Cimg3635_2 「六花亭」「たねや」・・・樹、花、植物を育てて自然を残して地球または地域環境から考えていく企業が増えてきました。良いことですね。Dsc04886








« 風のミュージアム | トップページ | 余部鉄橋 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和久傳の森:

« 風のミュージアム | トップページ | 余部鉄橋 »