2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 環境共生住宅・日本の住宅の理想形「聴竹居」 | トップページ | ラグビー美しき波乱 »

青春の青リンゴ

兵庫県立美術館に「Ando Gallery」が開館しました。

安藤忠雄設計のこの美術館に以前は安藤コーナーとして小さな展示スペースが設けられていました。

Cimg3885

グレーの部分です、2階、3階の2層で、既存の石張りの壁に床と屋根を掛けて

Cimg3870

増築しています。青リンゴも新たに設置。

Cimg3866

鉄骨造で床をこの壁に架け、美術館のアプローチ部は片持ち梁で張り出す2階。

Cimg3878

壁と増築鉄骨床との取り合い。

独立した壁があったのでこの増築を可能にしました。

Cimg3897

内部は壁に寄り添うように3階の床が増築されており、その壁を中心に展示計画されています。

Cimg3900

「3階企画展示スペース」既存壁に開口部を設けている。

空間に広がりを付けている。

Cimg3910

イタリア・ベネチアの「プンタ・デラ・ドガーナ」の模型。

Cimg3917

階段を上がった突き当りは本の壁になっている。

Cimg3923

最高の仕上げの壁だ。この本棚は下の方の安藤忠雄本は手に取って自由に読める。

Cimg3948

4階オープンスペースから見た「3階展示スペース」

Cimg3887

「光の教会」の1/10のコンクリート製の大きな模型。

安藤建築の中でも私の一番好きな建築です。

Cimg3881

「美術館とその周囲の水際広場と想いを込めた青リンゴの模型」

Cimg3914

南側に神戸港と青リンゴのオブジェが見える。

Cimg3939

3階屋外デッキにある話題の「青リンゴ」。

米国詩人サミュエル・ウルマンの「青春の詩」の中で

「青春とは人生のある期間ではない、

心のありようなのだと謳いました。

失敗を恐れることなく困難な現実に立ち向かう挑戦心。

どんな逆境にあろうとも、夢をあきらめない心の逞しさ。

身体・知性がいかに年を重ね。

成熟しようともこの内なる若さをさえ失わなければ

いつまでも輝きを失わない、永遠の青春へ--

目指すは甘く実った赤リンゴではない

未熟で酸っぱくとも明日への希望に満ち溢れた青リンゴ」

Cimg3875

既存の空いているスペース+壁を有効に利用。

免震建築物の増築は珍しいとのことだ。

注目の青リンゴのオブジェで新たなシークエンスを造る。

 

 

 

 

 

 

« 環境共生住宅・日本の住宅の理想形「聴竹居」 | トップページ | ラグビー美しき波乱 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 環境共生住宅・日本の住宅の理想形「聴竹居」 | トップページ | ラグビー美しき波乱 »